知っておきたい過払いの知識
main image

交通事故のときの弁護士介入

交通事故で被害者になったときには、弁護士に介入してもらう方が良い場合もあります。

個人と保険会社で示談をするとなると、知識の豊富な保険会社が有利な契約になることもありますし、弁護士が介入することで、相手方もこちらの希望を比較的すんなり受け入れることがあります。

また、交通事故の案件を多く手がけている弁護士は、訴訟で当初の示談金よりもはるかに高額の賠償金を手に入れることができるケースが多く、報酬を支払っても手元に多くのお金が残ります。

事故の後はなかなか交渉ごとなどに参加する気力や体力がない人も多いので、重度の被害になったときには積極的に専門科に依頼して、手続きをとってもらうことでストレスも軽減されます。