知っておきたい過払いの知識
main image

弁護士の選び方について

弁護士の選び方は人によっても異なりますが、全く基礎知識がない場合には、自分が依頼する予定の案件に詳しい弁護士を選ぶと安心です。基本的に弁護士はどのような仕事でも受けてはくれますが、その中でも離婚に強い人、債務整理に強い人などさまざまな分野の中で得意としているものを持っている人がいます。

また、実際に相談などで会話をしたときには、方針が自分の希望と合っているかどうかも確認しましょう。

弁護士といえども必ず方針や考え方が一致するというものではなく、人によって法的な解釈や判断、手続きの内容などはかなり異なってきます。

自分の希望通りにならない方向性で話を進められるよりも、依頼者の意思を汲み取ってくれる相手のほうが任せる気になります。