知っておきたい過払いの知識
main image

任意整理や個人再生手続きを弁護士に

自己破産するにしても、任意整理や個人再生手続きを選ぶとしても、本来、弁護士に依頼しないと絶対に出来ない仕事ではありません。

ただ法律的に専門用語が出てきますし、類型的な作業についても覚える必要があります。
債務整理を迫られる状況に追い込まれる時は、債務者は多くの場合、色々な手段を考えて、精神的に追い詰められ、既に疲労困憊しています。

弁護士に頼むと、司法書士とは違い、経費も高くなりますが、弁護士は本人の代理として行動できるのがも最大のメリットです。

債務整理の時に、弁護士とよく打ち合わせしていれば、ほとんど債務者として、行動する必要がなくなり、精神的な余裕が出来ます。