知っておきたい過払いの知識
main image

相続相談や相続登記は司法書士に依頼を

相続が発生すると、被相続人所有の不動産は、相続人に引き継がれます。

相続登記により、被相続人名義の不動産を相続人名義に変更します。登記義務はないので、被相続人名義のままにしておくこともできますが、相続登記をしておかなければ不動産を売却することはできません。

登記は、法律の規定に従って行わなければなりません。また、相続した事実を証明するために、申請書には被相続人や相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書といった相続関連の添付書類が必要になります。

相続人の数が多い場合や、家庭環境が複雑で相続争いが発生するおそれがある場合は、登記の専門家である司法書士に依頼するのがおすすめです。

相続相談ができるだけでなく、登記の手続きや上記の添付書類も相続人に代わって行ってくれるからです。