知っておきたい過払いの知識
main image

知っておきたい過払いの知識

雑誌や新聞、テレビCMでも当たり前のように見かけるようになった「過払い金」という言葉をあなたはきちんと理解していますか?

当サイトでは過払いなどに関する様々な情報を掲載し、実際に手続きを考えておられる方にとってはその方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、そしてよくある質問という構成でご紹介しております。

TVで名前は知っているが、なかなか馴染みのない手続きだけに不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでも過払いについての知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。

どうぞご覧になって下さい。
*報告なしに、サイトを閉鎖する可能性があります。ご了承下さい。

債務整理は期待通りに進めよう

債務整理を提示されている場合は、弁護士が提供している情報にしたがって、金額を整理して返済することになります。計画に従わなかった場合は、借金が変わらないなど問題が解決しないので注意してください。

債務整理の手法の一つでは、返済をしっかり行って、希望している年数で完済するために借金の金額を減らしてくれるのです。任意整理の場合は、数年後には返済が終わっていることとなりますので、多くの金額が残されていると返済をしづらくなります。返済計画を立てる時に、このままでは厳しいと思われる状況であれば、ゆっくりと他の方法について考えてもらうのです。

正しい債務整理で返済を早める

間違っている方法を使わないようにするためには、債務整理を正しく行っていく必要もあります。任意整理を考えている人の中には、借金の返済をしたいと思っている場合もあるでしょう。

返済をしっかりと行えるようにしていることで、借金から開放される可能性もありますので、出来る限り返済しやすい方法を取って、借金の元本を減らしていくのです。任意整理であれば、債務整理でもそこまで難しい計画をたてることもありませんし、金額的にも影響が出づらくなっています。利息だけでも出ないようにしてくれることで、これまで苦労していた人が返済できる可能性もあります。

相当な期間債務整理を続ける場合

借金の返済額を多くするよりも、債務整理を行って総額を減らした方がいいように感じる場合もあります。減額できるような状況を作っておくだけでも、安心して返済を続けられるようになるのがいいところですが、返済額を増やされるのは負担が大きいように思います。

債務整理の中には、相手の要求に従っていかないと対応できない方法もありますので、方法によってはしっかりと払うものを払い、それから減額していくような方法を使うのです。任意整理の場合は別で、個人的に作り出した計画に沿って返済ができれば問題はありませんので、場合によってはペースを抑えることも可能です。

債務整理をすることで自己破産はしなくて良いです

多額の借金がある方は、金融機関から執拗以上の取り立てにあって、精神的に参ってしまっている方が多いです。そんな方は、自己破産をしようとする方も多いですが、自己破産を決める前に借金相談を弁護士にして、債務整理を行ってください。

任意整理などをすることによって、返済プランの変更も出来ますし、借金の減額などもすることが出来ます。無理の無い返済プランに変えることで、借金の完済をすることも出来ます。

自己破産をしてしまうと、借金は免責に出来ますが、私生活でペナルティーを受けることになります。債務整理であれば、私生活でペナルティーを受けないので、完済すれば普通の生活を手に入れる事が出来ます。

債務整理Master 債務整理は司法書士へ依頼! 高額なものは弁護士に相談。