知っておきたい過払いの知識
main image

個人再生を弁護士や司法書士に依頼することのメリット

個人再生とは、住宅ローンを除く借金を、裁判所に申立をすることによって、圧縮してもらう手続きです。自己破産とは違い、全額免除になる訳ではありませんが、そのメリットは以下のようなものがあります。

①所有している住宅を維持できる。
住宅ローンだけは、支払いを続けることで、住宅を残すことができます。

②資格制限がない。
保険の外交員や、警備員などのお仕事も続けることができます。

③免責不許可事由がない。
ギャンブルなどの浪費による借金も圧縮できます。

個人再生は、自分でもすることができますが、手続きは煩雑で、専門的な知識が必要です。その点、弁護士、司法書士に依頼すれば、楽ですし、裁判所の審査にも通りやすくなります。

借金の返済を延滞している方で、破産はちょっと…という方は、個人再生を検討してみるのも良いのでは?